第58話 罠だとしても

第58話 罠だとしても

     /真斗

 隣の部屋から聞こえる話し声で、俺は目を覚ました。
 窓の外を見るが、すでに薄暗い。
 夕方といったところか。
 ちょっと寝すぎたな……。
 欠伸をしながら起き上がり、背伸びをする。
 ちゃんとした寝床では無かったとはいえ、これだけ寝ておけば多少は身体の疲れも取れているだろう。

「……エクセリア?」

 名を呼べば、当たり前のように現れる。

「事務所、誰か来てるのか?」
「イリスが来ている」
「それじゃあ楓さんは?」
「恐らく、まだ。正確なことは聞いてはいない。いくら姿が無いとはいえ、あの者に近づきすぎれば感づかれる」
「ふむ……」

 本当、イリスからは距離を取るよなあ……エクセリアは。

「茜は?」
「もう起きている。イリスと話しているはずだ」
「まあ、そうだろうな」

 さっきから聞こえてくる話し声は、主に茜とイリスのものだ。
 それに時々混じる、由羅の声。
 そーいや所長の声はしないな。
 まだ戻ってきていないのだろうか。

「とりあえず、顔出してくる。お前は……行くわけないか」

 こくりと頷くエクセリア。
 俺はもう一度伸びをすると、部屋の外へと出た。


「あ、真斗起きたの?」

 事務兼応接室へと入った俺を見て、由羅が声を上げる。

「ああ、おかげさんでな」
「……ずいぶんゆっくりとしていたな」
「寝れる時に寝とかなきゃな。茜、お前はもういいのか?」
「お前のように、惰眠をむさぼるつもりはない」

 相変わらずの物言いである。
 ともあれそういうことなら、それなりに早く起きていたということだろう。

「んで? 俺が寝てる間に何か進展は?」
「うん。少し」
「そっか。もう茜には話しちまったとは思うけど、もう一度聞かせてもらえるか?」

 俺の言葉に、由羅はこくりと頷いた。


 ふうむ………。
 俺が寝ている間に、いくつかはっきりしたことが分かったらしい。
 一つは黎からの連絡だ。
 アトラ・ハシースは正式には動いていないということ。
 つまり、例えイリスがアトラ・ハシースに乗り込んでいったとしても、根本的な解決にはならないということだ。
 これが一つはっきりしただけでもありがたい。
 もう一つ、それに付随して泪の言っていたことの嘘が、明らかになった。
 それが泪個人の行動なのか、最遠寺全体の行動なのかは、今のところ分かってはいないが。
 そこんとこをはっきりさせておかないと、今度は最遠寺に乗り込むってイリスが言い出しそうだしなあ……。

「……もしもの時は、最遠寺に乗り込んでやる」

 おいこら。
 お前が率先して物騒なこと言ってどうするんだ茜。

「もちろん、わたしも行くから」

 と、イリス。
 茜に同調してしまっているせいか、非常に気配が剣呑になっている。

「私だって!」

 負けじと由羅も言う。
 しかし、今の俺に適当なことを言うことはできなかった。
 今のところ、楓さんは見つかっていない。
 由羅が連絡を取って、イリスはこっちにやってきたけど、凛と和泉さんは未だ捜索してくれているらしい。
 ああくそ、早く黎のやつ帰ってこねえかな……。
 年長者の貫禄というのか何というのか、由羅はもちろん茜も、黎の話はよく聞くのだ。
 イリスに関しては、和泉さんに頼めば何とかなるし。
 あと所長もいてくれると助かる。
 多分、一番冷静だしな。

「そういや……所長はどうしたんだ? まだ何も?」
「まだ戻ってきていないらしい」

 茜が言う。

「そうか……」

 何か成果があればいいんだけどな。
 成果といっても、泪のことだが。

「それで、どうする気なんだ? もし泪を見つけたら」
「もちろん叩きのめす。弁解など聞かない」
「楓さんのことは?」
「聞き出す。たとえ、どんな手段を使ってでも」
「……簡単にしゃべるか? 第一、簡単に叩きのめされてくれるような相手じゃないだろう。もしかすると、あのザインより強いかもしれねえんだぞ?」

 あのおっさん一人を相手に、俺と茜でずいぶん苦労したのだ。
 そして仕留めることはできなかった。
 泪を求めていけば、ザインも障害として現れるだろう。もしかしたら、他にもいるかもしれない。

「……しっかしな。気にならないか?」

 俺は頭を掻きながら、茜に聞いてみる。

「何がだ?」
「目的だよ、目的」

 そう。
 黎からの連絡で、泪やザインの目的がよく分からなくなってきている。
 これまでなら、茜を異端と見なして――ということですんだだろう。だからこそ、楓さんも狙われたのかも知れない。
 しかし、直接アトラ・ハシースとは関係無いという。
 ならば、茜を狙う理由とは何なのだろうか。

「そんなの、そのザインってやつが、狂信的な信者とか、そういうのじゃないの?」

 茜の代わりに由羅が答える。

「つまり、あいつら二人が個人的に暴走してる、ってか?」
「違うの?」
「うーん……」

 そういう可能性は、もちろんある。
 あるのだが……どうもしっくりこない。

「そんじゃ、どうしてアルティージェがしゃしゃり出てきたりしたんだ?」
「それは……」

 困った顔になる由羅。

「……アルティージェ?」

 聞きなれない名だったのか、イリスがきょとん、となった。
 そういやイリスにはまだ話してなかったっけか。

「何ていうか……天上天下唯我独尊野郎、って感じの奴だな」

 野郎っていっても、女だけど。

「なにそれ?」

 この説明では分からなかったらしい。

「とにかく、何かもうむっちゃくちゃ偉そうな奴でさ。由羅と同じ千年ドラゴンで、しかも魔王とか」

 その説明には、さすがにイリスも驚いたようだった。

「レダと同じ……?」
「まあ、そーなるな」
「ふうん、まだいたんだ……。でも、そのひとがどうしたの?」

 聞かれて、俺は掻い摘んで説明することにする。

「一年くらい前のことだけど、そいつが俺たちにちょっかいをかけてきてだな、しかしこの俺の活躍でどどーんとぶっ倒したはずだったんだけど、何を迷ったのかまた出てきたんだよ。どうしてだか泪とザインを追っ払って、変な剣まで寄越してくれたんだ」
「えー、真斗だけじゃないもの。私だって頑張ったんだから」

 実際には俺とエクセリアに由羅と黎、これだけ揃ってようやく倒した相手だった。
 それを思えば、でたらめに強かったってことだよな……あいつ。
 とはいえ由羅は、途中までは敵になってたんだけど。
 ちょっと意地悪して、そのことを指摘してやる。

「お前、あいつにいいように操られてたじゃねーか」
「そ、それは……」

 びくり、となって、由羅はイリスを横目でそおっと見る。

「?」
「な、なんでもないから! 気にしないで、イリス」
「よくわからないけど……」

 首を傾げるイリスの横で、茜が一人苦笑していた。
 アルティージェに操られた由羅は、一年前に茜に大怪我を負わせているのだ。
 詳しい事情は話してなかったものの、茜の怪我の原因が由羅ということで、由羅はイリスにこっぴどく怒られたことがある。
 そのことを思い出して、思わず首をすくめる心境になったのだろう。

「しかし、確かに真斗の言う通りだな。あいつらの目的は、気にはなる」

 由羅の言うように、本当に狂信者で茜を含めた九曜家の抹殺を考えているのか。
 それとも、他に何か目的があるのか。
 と、その時だった。

『――真斗!』

 声、がした。
 エクセリアの声が頭に直接響く。

「…………?」

 しかし俺よりも早く、イリスが反応していた。
 怪訝そうに、俺の方を見ている。
 やばい――イリスの奴、エクセリアの気配に気づいたんじゃ――
 しかし、そんなことはエクセリアにも分かっているはず。わざわざ知られるかもしれない危険を冒してまで、どうして名を呼んだりしたんだ?

「……真斗。何か、いる?」

 くそ、やっぱり勘付きやがったか。
 由羅と茜も、少し表情を変えて俺の方を見た。
 エクセリアがイリスを避けているのは周知の事実だ。
 ただ、イリスだけが知らない。

「……ああ。ちょっとした守り神みたいのが、俺にはついてるんだよ。ただ、詮索はしないでくれ」

 完全に誤魔化して嘘をつくよりも、イリス相手の場合はこう言った方がいい。

「……いいけど」

 気になるようではあったが、イリスは詮索することは無かった。
 ほっとなる。
 別に、口止めされているわけでもないんだけどな……。
 それより、エクセリアは何を伝えようとして――――
 その瞬間、がらりと事務所のドアが開く。
 そしてそのまま、誰かが倒れ込んできた。

「!」

 すぐに反応して立ち上がった茜は、入口を見て絶句した。
 俺も驚く。

「――上田さん!?」

 倒れ込んできたのは上田さんだった。
 顔には生気が無く、衣服もずたぼろになっている。
 酷い状態だ。

「おいどうしたんだ!?」

 思わず駆け寄って抱き起こせば、俺の声に気づいたように、顔をしかめながら上田さんが目を開く。

「すみません……油断でした」

 弱々しく洩れる声。

「真斗、手当てが先だ」

 隣に来た茜が、上田さんの様子を見ながら言う。

「そうだな。話は後で――」
「……いえ。伝えておかねばならないことがあります……」
「けどその様子じゃ……」

 どこからかは分からないが、身体の至る所から出血していて、衣服が血で滲んでしまっている。

「大丈夫ですよ。僕は生身の人間じゃありませんから……。それに、僕を修復できるのはジュリィだけですので」

 そうだった。
 上田さんの身体は人形で、それを作ったのは黎だったのだ。

「ね、ねえ……イリスは治せない?」

 覗きこんでいた由羅が、心配そうにしながらイリスへと尋ねる。
 しばらく上田さんの様子を見ていたイリスだったが、やがて首を横に振った。

「わたしに支配されてもいい、と言うのならできるかもしれないけど……。わたし、人形のことはよく知らないから」
「……ですから、心配しないで下さい。それより、伝えておくことが……所長のことです……」
「所長?」

 思わぬ言葉に、ハッとなる。
 それは皆同じだった。

「まさか――」
「……ええ。実は、お昼頃から……所長を手伝って、一緒にいたんですが……そこを、襲われました」
「誰に!?」
「泪、ですよ。最遠寺……泪。応戦したんですが、やられてしまって……所長が、さらわれてしまいました……。僕は、伝言をと……」
「…………!」

 人質、ということか……!

「さ、定は大丈夫なの?」

 由羅の問いに、上田さんは分からない、と首を振る。

「生きてはいると、思います……。それで、返して欲しくば今夜、指定の場所へと来いと……」

 ……罠、か。
 すぐにそう思った。
 だけど、そんなことはどうでもいい。

「それで場所と時間は?」
「それは――……」

 指定された場所と時間を告げると、上田さんは力尽きたように気を失う。
 上田さんが告げたのは、ここからずっと郊外の、山奥だ。
 時間は深夜。
 人気の無いところで、決着をつけるというわけか。

「ど、どうするの……?」
「行くに決まってるだろ」

 由羅に聞かれ、即答する。

「……罠だとはわかっているな」

 確認するように、茜が聞いてくる。

「ああ、もちろん」

 普通に襲撃しただけでは簡単にはいかない、と考えたのだろう。
 お互いに正体は知れているし、こっちも今まで以上に警戒する。同じ警戒をされるのなら、自分達にとって有利な場所で、ということか。

「悩む必要があるのか?」
「馬鹿にするな」

 俺が聞けば、茜はふんと鼻をならす。

「向こうからわざわざ顔を出してきたんだ。この機会を逃すつもりはない。それに」
「ああ。所長には色々借りがあるしな。行かないわけがないだろ」
「わたしも行くよ」

 当然のことのように、イリスも言う。

「……いいのか? 本当なら、お前には関係ないことなんだぞ?」

 正直、イリスの戦力は頼もしい。
 どれくらい強いのかは知らないが、それでも茜が頼りにするだけのことはあるはずだ。

「関係あるもの。ね、茜?」

 聞かれ、茜は少し困ったような顔をしながらも、頷いた。

「真斗、私も行っていいよね?」

 珍しく真剣な顔で、由羅が俺へと確認する。

「来るな、と言っても来るんだろ?」
「もちろん!」

 ま、そうだろうな。

「なら、一年ぶりに大暴れするか」
「うん!」
「よし。――あと確認しとくけど、連中を叩きのめすのは二の次だ。まずは所長を無事に取り戻すこと。それから楓さんのことだ。いいな?」
「わかっている」

 茜にしてみれば、言われるまでもないことだろう。
 楓さんのことは、気になって仕方がないはずなのだから。

「……最遠寺泪、か」

 あの女はいったい何を考えているのか。
 行けば分かる。
 今夜、か。


 目次に戻る >>

終ノ刻印Ⅲカテゴリの最新記事