第36話 一縷の望み

     /真斗

「初めて見たな。そういうの」

 部屋に入って。
 エクセリアを寝かしつけるジュリィの姿を、俺はまじまじと見てしまっていた。
 歌っているのが誰かなど分かっていたが、それでもこうやって改めて確認すると、どうにも多少は驚いてしまう。
 そして同時に、気持ち良さそうに目を閉じているエクセリアに対しても。
 何もかも、意外だった。

「似合わないかしら」

 苦笑気味に、黎は言う。

「そうでもないけどな」

 肩をすくめて、俺は黎が寝かされていた方の長椅子に腰掛けた。

スポンサードリンク

「身体は大丈夫なのか?」
「……ええ。まだ生きていられるわ」
「そっち……エクセリアは?」
「大丈夫よ。また、眠られたみたい」

 また……ってことは、一度目を覚ましたということか。

「そいつさ。いきなりぱったり倒れて……そのままだったんだ。一体どうしたのか知らねえけど」
「疲れれば、誰だって眠るわ。この方とて、例外ではないの」

 疲れ、ねえ……。

「お前だって疲れてるんだろ? もうちょっと休んでろよ」

 俺の言葉に、じっと黎は見つめ返してくる。

「わたしに言いたいことはないの?」

 真っ直ぐに聞いてきた。
 言いたいこと、か………。
 山のようにあるような、無いような。
 実のところ、俺にもよく分からなかった。
 とりあえず、まず事実を告げる。

「由羅のやつは、俺が預かってる」

 といっても、この事務所の中に置いてあるに過ぎないが。

「やはり、死にはしなかったのね」
「さあな。あいつ、かっちこちだからな」
「……それで?」

 聞かれて。
 俺は嘆息しつつ、言った。

「満足か? お前」
「…………」

 即答されるかと思ったが、返事は無かった。
 答えにくいのか、黎は視線まで逸らす。
 別に答えは求めなかった。

「俺の希望は聞いたよな? それは今でも変わらない。けど、二人を止めずに決着させたのも、俺だ。だから文句は言わねえよ」

 あの時エクセリアを通じて、二人の間を何とかしようと思っていた。
 しかし結局はうまくいかず、間に合うことも無かった。
 初めから、無謀な賭けだったのだろう。
 覚悟していたことではあるが。

「一応、ついたんだろうけどな。お前らの決着は。そうしたら、お前はどうするんだ?」
「…………」
「まあいいけどな。好きにして。――ただ一つだけ、聞いておいてくれないか」

 俺はエクセリアを見ながら、黎へと言う。

「終わってしまって、結局この後俺をどうする気なのか。一応、気になるからさ」

 また目を覚ましたら、聞いておいてくれと。
 そうとだけ言い残して。
 俺は部屋を出る。
 子守唄が再開されることは無かった。


 少しくらい、なじれば良かったのかも知れない。
 ぼんやりと、今更のように俺は考えていた。
 由羅や黎のことは所長に任せ、俺は事務所を出て。
 別段行く気も無かった学校の方に、顔を出していた。
 マンションでぼんやりしているよりも、授業でも聞いていた方が少しはマシかと思ったのだが、大差はないようだった。
 まあとりあえず出てれば出席にはなるし、腹だってすいてきている。昼食を目的と思えば悪くない。
 二限終了のチャイムが鳴って、授業が終わる。
 生徒がぞろぞろと出て行くのを、何をするでもなくぼんやりと眺めた。
 今すぐに出ていったところで、食堂は混雑しているだろう。
 のんびり行けばいい。
 そんな風に思っていたところで。

「ちょっとあなた」

 不意に、声をかけられた。
 知らない声に、俺は顔を上げる。
 そこに立っていたのは、勝気そうな顔をした、赤毛の女。
 そいつはじいっとこちらを見ている。

「……俺?」
「他に誰がいるって言うの?」

 言われてみれば、もう俺の周りの席には誰もいない。
 残っていた生徒達も、どんどん教室の外へと出ていってしまっている。

「いないな。んで、俺に何か用か?」
「当然でしょ」

 用があるから来たんだと言わんばかりに頷いて、そいつはひょいっと机の上に腰掛けた。
 そうやってこっちを見下ろす姿は何だか偉そうで、昨日のあの変な女を思い出してしまう。

「確認よ。――あなた、人間?」

 はあ?
 突然の質問に、呆気にとられて俺はそいつを見返した。

「そう見えないってか?」
「外見のことなんか言ってないわよ。もっと潜在的なこと。異端……って言葉にぴんとこない?」
「――――」

 俺が顔色を変えたのを見てとって、そいつは思った通り、という感じの顔になった。
 ついでになぜか、表情を綻ばせる。
 さっきまでのつっけんどんな感じが、見事に緩和していた。

「知ってるのね。ということは自覚もあるってことでしょ? それにしても……驚いたわ。まさか千年もたって、こんなに魔の気配の強い同胞が残っていたなんて」

 そいつは嬉しそうに、興味ありげにこっちを覗き込んできる。
 そっちは何やら得心いったようだったが、こちらとしてはぽかんとなるばかりだ。

「でも、今までよく無事だったわね。先に楓あたりに見つかっていたら、何されていたかわかったものじゃなかっただろうし。それに――」
「おい――ちょっと待てって」

 俺は思わず制止した。
 これ以上、わけの分からん話を進めてもらっては困る。

「いったい何なんだ? 俺が何だって言うんだよ?」

 そう言うと、そいつはきょとんとなった。

「自覚無いの? でも、異端のことは知っているんでしょ?」
「異端って……そりゃあな。だって俺、どっちかっていうと、そういう連中の敵対者みたいなもんだし」

 ぴくり、と。
 そいつはその言葉に反応した。
 今までの好意的な雰囲気が消え、一瞬にして敵意のようなものが滲み出してくる。
 その雰囲気に、俺は警戒した。
 たぶんこいつ、まともな人間じゃないぞ……。

「なに――どういうこと。もしかしてあなた、九曜の関係者だったりするの?」
「九曜?」

 それはよく知っている名前だ。

「ああ。一応な」

 答えた瞬間、睨まれた。
 敵意が殺気に近くなる。
 こいつ……?

「でもどういうこと? あなたからは紛れも無く、魔の影響を感じるわ。それも妖魔レベルなんかじゃない。充分魔族の域に達している。なのに、九曜家にいるというの?」
「ちょ……ちょっと待てよ。魔族とか何とかって言うけど、俺はれっきとした人間だぜ? 何を根拠に――」

 否定しかけて、ハッとなる。
 そういえば俺、もうまともな身体ではなくなっていたのだ。
 死んで、エクセリアに助けられて。
 俺の言葉に、そいつは少し殺気を引っ込めて、思案顔になる。

「自覚がないまま、使われているってこと……? でも、そんなこと……」
「――りん凛」

 悩むそいつの背後から、今度は知っている奴の声が聞こえた。
 凛と呼ばれた女は、露骨に嫌な顔になって振り返る。
 そこにいたのは茜だった。

「なによ。もう用事は済んだの?」
「とりあえずはな。……それより凛。なに因縁つけているんだ?」
「別にそんなことしてないわよ。同朋かもしれないと思って、声かけただけ」
「同朋って……」

 茜をこちらを見て、眉をひそめる。

「真斗。どうしてここにお前がいるんだ?」
「そりゃあ俺の学校だからな。授業受けに来てたって、問題無いだろ?」
「お前の?」

 寝耳に水といった感じになる茜。

「……そうか、とんだ偶然だな」
「偶然って……実はお前もここの大学の生徒だったとか?」
「ありえるか馬鹿者」

 容赦無く切って捨てられる。

「私をお前達年増と一緒にするな」
「って大して違わねえだろーが」
「ちょっと茜。今のはどういう意味? まさか私に喧嘩売ってるわけじゃないでしょうね……?」

 お前達、と言われたことが気に入らないらしく、凛は額に青筋なんかを浮かべたりする。

「ふん」

 しかし茜は取り合うことなく、そっぽを向いた。
 この二人は知り合いらしいが、あまり仲がいいとは言えなさそうだ。

「とにかくちょうどいい。真斗、話がある。凛、お前はもう帰れ」
「命令するんじゃないわよ。それにそっちの説明は無し?」

 そっちって、俺かい。

「後でしてやる。それより早く行った方がいいぞ。イリス、ゆきや裄也のところに行ったからな。置いていかれるぞ?」
「……っ」

 どうしてだか、不覚、という顔になる凛。

「い、言われるまでもないわよ」

 そして少々慌てたように、そいつはそそくさと教室から出ていってしまった。
 俺はそれをぽかんと見送る。

「……何だったんだ? あいつ」
「うるさい女、だ」

 素っ気無く、茜は答えた。


 学食にて。

「偶然はともかく、どうしてお前がここにいるんだ? 事務所出てからここに来たのか?」

 昼食を食べながら聞くと、茜はそうだと頷いた。

「ここにくれば、だいたい会うことができるからな。事務所からも近いし、とりあえず確認に寄ったんだ」
「会うって……誰に」
「あの封印を何とかできそうな奴、だ」
「お前……!?」

 俺は驚いて、思わず立ち上がった。

「でき……るのか!?」

 いや、できる奴がいるのか――

「知らない。でも、私にとっての唯一の心当たりに相談してみた」
「……どうだったんだ?」
「とりあえずみてくれるらしい。今夜だ。一応お前にもそのことを伝えておこうと思って」
「そりゃあ……ありがたいけど……」

 由羅が何とかなるかもしれない。
 それは純粋に嬉しかった。
 しかし、とも思う。
 あいつが元に戻れば、また黎ともめることになるだろう。
 繰り返すんじゃないかっていう思いが、不安となってよぎる。
 そうなるのが分かっていて、それでも由羅を解き放つべきなのだろうか。

「俺は……」
「どうした。迷っているのか?」

 一瞬迷った。
 しかし振り払う。

「……いや」

 確かに一度、決着はついた。
 変わるかもしれない。
 それが単なる希望でしかなかったとしても、このままでいるよりは――いい。

「頼む。……ありがとう」
「……む」

 自然に口から出た礼に、茜は表情を固めて明後日の方向を向く。
 ……何やら照れているらしい。

「ところでさ」

 ちょっと話題を変えることにする。

「さっきのあいつは何なんだ? 何か得体の知れないやつだったと思うけど」
「ん……ああ、凛か」

 思い出したように、茜はこっちを見た。

「きっとお前のことを、同朋と勘違いでもしたんだろう。あいつの人間嫌いはひどいけど、その反面同胞には相当親身になるからな。埋もれている同胞を見つければ、ああやって接触をもって繋がりを持とうとしている。それがお互いのためにもなるしな」
「はあ」
「お前を勘違いしたのは、まあ無理もない。もう真斗はそういう存在に変質してしまっているし」
「……俺はまだ、自分は人間だって思ってるけどな」
「そう思うのは自由だし、悪いことではないだろう」

 そう言ってもらえると、少しは助かる気がする。

「まあとにかく」

 食事に戻りながら、茜は付け加えた。

「敵にはするな。そういう相手だ」


 目次に戻る >>