このサイトについて

 管理人のたれたれをと申します。

 こちらは同人サークルibisが活動してきたものの中で、主にibisノベルについて特化したサイトです。
 ちなみにibisノベルというのは、管理人がちょこちょこと書き溜めてきたオリジナル小説に、そういうレーベルをつけてやった、というものなわけですね。完全に自称です。

 サイトのコンテンツとしましては、

 ・ibisノベルとは
 ・既刊情報
 ・ブログ小説
 ・ibisノベルにおけるの登場人物紹介
 ・ibisノベルにおける用語の紹介

 などを中心にした、ibisノベルの総合サイトです。
 以前、『千約聖書 -ibis作品設定資料大全-』という資料集を発行したことがあるのですが、その内容を中心にブログ化したものが、このサイトです。

 メインの活動は、ibisノベル(オリジナル小説)の発表ですが、そのおおよその手段としてAmazon Kindle (アマゾン キンドル)ダイレクト・パブリッシングのセルフ出版(電子書籍)を利用したものと、当ブログ内にて無料で公開しているものとの二種類にて行っています。

 以前は同人小説として紙媒体による発表を行ってきましたが、現在では電子書籍の方にシフトしてきている状況です。

 管理人の趣味&妄想たっぷりの世界観によるノベルですが、こちらのサイトをご覧になって、ibisノベルの作品や世界観に少しでも興味を持っていただければ幸いです。

スポンサードリンク

作品情報

『悠遠ノ絲Ⅰ~Ⅱ』


ibisノベルの原点ともえる作品。
千年の因縁が、現代にて甦る。千秋夜、その夜死神が見たものは――。
『悠遠ノ絲Ⅰ~Ⅱ』Kindle版 発売中!
Amazonの著者ページへ


『終ノ刻印Ⅰ~Ⅲ』


悠遠ノ絲より二年後の京都。歴代の王の残した遺児達が、この街にて邂逅を果たす。
その運命の果てにあるものは――。
『終ノ刻印Ⅰ~Ⅱ』Kindle版 発売中!
Amazonの著者ページへ


『銀ノ鏡界Ⅰ~Ⅵ』


終ノ刻印より一年後。興信所の一員となっていた最遠寺要は、自身の通う高校の生徒会から、とある調査を依頼させることになるのだが……。