ライトノベルの書き方 一人称と三人称

スポンサードリンク

小説を書く前に決めておくべきこと

 今回も小説の書き方について、少し書いてみようかと思います。
 取り上げるテーマは一人称と三人称。書き始める前に、まず決めなくてはいけないことですね。

メリットとデメリット

 一人称と三人称ではそれぞれ特徴があり、メリットとデメリットがあります。
 一人称の特徴はキャラクターの主観で語られることにあります。簡単にいえば、そのキャラクターの心の声が、そのまま地の文になるということですね。そのメリットは、キャラクターの心境が直接全て伝わってくるので、その感情を把握しやすく、何より感情移入しやすい点です。ライトノベルでは比較的多いと思います。主に主人公の視点になることが多いです。


 一方の三人称は、あくまで第三者視点による客観的な描写になることが特徴です。主人公自身が語りかけてくるわけではなくて、その主人公をみる第三者視点、まあ作者の視点による語り方、ということになります。そのメリットはあらゆるものを俯瞰していために、様々な状況を語ることができる点です。具体的にいえば、主人公の知らないところで進行している事象についても、語ることができるというわけですね。

 一人称のメリットは三人称のデメリット、その反対も然り

 さてそれぞれのデメリットですが、お互いにあるメリットを享受できない点です。一人称の場合、語り部の知り得ない状況を語ることはできません。これでは複雑なストーリーを描く上で不利になります。
 三人称の場合は、キャラへの感情移入が一人称に比べ、しにくくなります。語り手の複雑な心の機微に触れることができないからです。

 それぞれの特徴と性質を踏まえた上で、どちらを選択すべきかですが、それはやはり作品の内容によります。小さな世界観での話ならば一人称の方が適しているかと思いますが、壮大なものになってくればくるほど、一人称ではそれを表現しにくくなっていき、表現方法としては不利ですね。

私の体験談として

 体験談になりますが、私の場合はまず三人称で始めました。一人称のメリットは理解しつつも、書ける場面に制限を設けたくなかったからです。ibisで出した『悠遠ノ絲』も三人称で書きました。ただあの規模の内容ならば、一人称でも十分にいけたと思います。

 『終ノ刻印』執筆にあたって

 私にとって続編である『終ノ刻印』を書き始める際は、これで散々悩みました。それまで一人称を書いたことは無かったのですが、この時どうしても一人称で書きたくなり、しかしそれではあとできっと困る、などと思い悩み、なかなか書き始められなかったのですが、結局いつも通り、三人称で書き始めました。……が、かなり書き進めたところで翻意し、結局一人称で全て書き直す、という羽目になってしまったわけです。我ながら優柔不断でしたねえ……。
 で、そういう決断に至った理由は、ある天啓が下ったからなんですね。主人公一人の一人称だからあとあと困るわけで、だったら複数のキャラでそれぞれ一人称で語らせればいいじゃないか。ついでに三人称も混ぜてしまえ、と。

 ハイブリッドしてみよう!

 一人称と三人称のハイブリッドですね。シーン毎に切り替える、というものです。今でこそ珍しくない手法ですが、当時はほとんど見当たらない書き方でした。果たしてこんな書き方が許されるのだろうかと、悶々悩んだものです。ただ少ないながらも当時、そういう書き方をしていたライトノベルがありまして、それに後押しされる形でやってみることにしました。それが同人サークルとしてのibisの代表作となった『終ノ刻印』だったわけです。

 ただ私の場合は主人公のみ一人称にしたわけではなく、メインキャラに関してはシーンに応じて一人称にしました。例えるなら主人公の他にヒロインやライバルも、一人称で書く、というものです。これのメリットは例えば一つのシーンにおいて、AというキャラとBというキャラが掛け合う際に、それぞれの視点から書くことで、まったく違う印象を与えることができる点です。人によって受け取り方が違うのは当然ですからね。

 利点だけでなく、欠点も

 私はこのやり方が気に入ったので、『終ノ刻印」から『銀ノ鏡界』にかけて、その手法を取りました。一見良いところばかりのように見えますが、実はこれに欠点があります。
 まず文章量が増えます。これは私の場合に限る話かもしれませんが、同じシーンを三人称と一人称で書く場合を比較すると、どうも一人称の方が多くなってしまうんですよね……。果たしてこれを欠点といってよいかどうかは、人によるかもしれません。

 そしてもう一つは他のキャラの存在感が増してしまうため、相対的に主人公の地位が低下する点です。要は群像劇のようになってしまうわけですね。群像劇もひとつの手法なので、最初からそれを意図した作品ならば問題ありませんが、そうで無かった場合はちと問題かもしれません。

 そして更にもう一つ。それは主人公に秘密がある場合です。主人公に何かしら秘密があり、それが物語が進むにつれて徐々に明らかになっていくストーリーの場合、一人称だと不都合になります。何と言っても心の声で、何でもネタばれしかねないからです。それでは面白くないし、あえて心の声をそういうシーンだけ閉ざしてしまうのも不自然です。こういう場合はやはり三人称の方がやりやすいですね。まあこれはハイブリッド云々というよりも、一人称自体のデメリット、といった方が語弊がないかもしれません。

 とまあ、色々書きましたが、以前に比べれば色んな書き方が許容されていると思いますし、そこがライトノベルのいいところかもしれません。自分の作品に最も合った書き方を選択することがまず第一ですが、私のように書き直すという手もあるので、やはりとにもかくにも書いてみる、書き始めることが一番ですね。